I feel like....

Hi, everybody. How are you?

 

I'm terrible...(;O;)

My "hay fever" is very bad today.(T_T)

 

今日は朝から花粉症が酷く・・・・、大変です。

今朝、慌てて薬を飲んだのですが、いつ効いてくれるやらです(>_<)

 

ところで、今日は「・・・な感じ~」という今風の表現をご紹介!

最近の若者言葉は、曖昧さが増してきていると言われていますが、これは欧米でも同じようです。

 

日本語で言う、「・・・みたいなぁ~」という表現は、英語では "like~" で表現できます。

そこで、「・・・・みたいな感じぃ~」というのは、"feel like ~ing "で表現できます。

 

例文を上げてみましょう

 

I feel like eating out. (外食って感じの気分~♥)

I feel like drinking. (酒を飲みたい気分だよ。)

I feel like going to movie today. (今日は映画って感じの気分♪)

I feel like dying. (死にたい気分だよ・・・・)

 

 

"feel like" の後ろに、動詞の~ing形を付けるだけの至って簡単な表現です。

なんか、理由はないけどそういう気分!というときには、ぴったりの表現です。

是非、覚えて使ってみてください(^-^)

 

 

I feel like learning French!

季節目の変わり目は何かを始めたい気分になりますよね。

最近、個人的に、フランス語を習い始めたい気分です(*^^)v

 

Bertie Bott's every flavor beans

イギリスのお土産でいただいた、Harry Potter "Bertie Bott's every flavor beans"!  すごく楽しかったです!

って、食べ物でしょ?と思われますよね。

 

はい、食べ物です。!(^^)!

これは、ハリーポッターシリーズに登場するお菓子で、魔法族の子供たちに間では一般的なお菓子。日本語では「バーティ・ボッツの百味ビーンズ」と訳されるようです。

 

何が面白いかというと、"every flavor" というだけに、写真の通り様々な味 なのです。(>_<)


写真左上から順番にご紹介!

 

Banana - バナナ 

Black Pepper- 黒コショウ 

Blueberry- ブルーベリー 

Booger- 鼻くそ  ( ゚Д゚)

Candyfloss- 綿菓子 

Cherry- さくらんぼ 

Cinnamon- シナモン

Dirt- 泥  

Earthworm- ミミズ  

Earwax- 耳くそ 

Grass- 草 

Green Apple- 青りんご 

Marshmallow- マシュマロ 

Rotten Egg- 腐った卵 

Sausage- ソーセージ 

Lemon- レモン 

Soap- 石鹸 

Tutti-Fruitti- 刻んだ砂糖漬け果物入りアイスクリーム)

Vomit- ゲロ  ( ゚Д゚)

Watermelon- スイカ 

 

ちなみに私は、"Grass"を食べました。

まさに、Grass flavorでしたが、最後まで食べれなくはなかったです。

でも、「さすがに子供だましだろう。」、と思い食べてみた"Dirt"はひどかったです。

すぐに吐き出しました・・・・。まさに、Dirtでした。(;´Д`)


ちなみに、私の家族は何も知らされずに"Earthworm"を食べて・・・・。

「何の味かわからない・・」と。

たしかに、Earthwormの味なんてわかりませんよね・・・・。Woo, disgusting...


Some of them are truly disgusting, but it's fun!

Thank you for such a nice souvenir! 

quote

随分と涼しい日が続くようになりましたが、今年の夏ももう終わりでしょうか・・・・。

8月上旬は酷い暑さが続き瀕死状態だったのですが、

まさに「喉元過ぎれば熱さを忘れる!」ですね。

「夏も終わりか~」、と少し寂しく感じるこの頃です。

 

ところてげ、知り合いのFacebookにこんな言葉がアップされていたので、ちょっと拝借。

 

『苦しいときは登っているとき。自分がすごいと慢心したときは、下っているときだから気をつけろ』 上岡龍太郎

 

上岡龍太郎さんには特に興味はないのですが・・・、確かに、こう考えると、苦しい時も頑張れる気がします。(д)

 

みなさまも、伸び悩んでいる時こそ、伸びているときです!

頑張りましょう(^-^)/

 

ところで、英語ではこういう引用文のことを"quote"といいます。

有名な作家の"quote"を集めたページなどもあるので、ぜひ暇なときに見てみてください。

http://www.brainyquote.com/quotes_of_the_day.html

 

シンプルな英語でまとめられているので、勉強にもなるかと思います。

唄の要素があるので、文法的には正しくない場合もあるので注意が必要ですが・・・・。

 

Always do your best. What you plant now, you will harvest later.

- Og Mandino

 

いつもベストを尽くしなさい。今あなたが植えているものは、後であなたが収穫するものです。

 

Don't give up and enjoy challenging!!

 

 

 

 

picky

あっという間に8月も下旬突入です。( ゚Д゚)

最近は涼しい日が増えてきて、身体もだいぶん元気を取り戻してきたのではないでしょうか。

スーパーには秋の果物も並び始め、食欲もぐんぐん戻ってくる兆しです。

良いのか悪いのかは別の話として・・・・・。(^^;

 

 

ところで、今日は「食べ物にうるさい」とか、「好き嫌いが激しい」などという表現を覚えてみましょう。o(^^)o

とても簡単な表現です!

 

これは形容詞の"picky"という単語を使って表現できます。

 

She is picky about food.

(彼女は食物にはうるさい。/ 彼女は好き嫌いが激しい。)

 

 

まず、"pick"という動詞は知ってますか? これは日本語でもよく使われています。

たとえば「いい話だけをピックアップして話す。」、「友達を空港でピックアップする。」

など、「選ぶ」「取る」といった意味合いで使われていると思います。

 

そして、英語でも"pick"というのは、「選び取る」などという意味になります。

 

そこで、"picky"という単語は、"pick"という動詞の形容詞形で、

「えり好みする」「気難しい」という意味になります。\(o)/!

 

他にもこんな使い方ができます!

 

He is picky about clothes. (彼は服にはうるさい)

She is picky about guys. (彼女は男性の好みにうるさい)

 

たとえば、あれは嫌だ、これは嫌だ、などと言っている人には、

 

You are too picky! (選り好みしすぎだよ!)

 

なんていう言い方もできちゃいます。

 

Don't be picky about your food. o(^^)o

好き嫌いはせずになんでも食べましょうね♪ 

 

 

I hope it won't be rain.

巨大台風も過ぎ去り、夏本番の暑さになってきましたね。(>_<)

夏は夏で、楽しみがたくさん!

色々楽しみながら、この暑さを乗り切りましょう♪

 

ところで、先日の台風では交通機関などに大きな影響がでて、大変な目に合った方も少なくなかったのではないでしょうか。

そこで、「明日は大雨になってほしくないなぁ・・・・。」という思い、英語ではどのように表現すればよいでしょう。(^-^)

 

まず、日本人にとって英語を話すことが「難しい」と感じる原因の一つは、日本語と英語の表現の仕方が違うこと、があります。

 

たとえば、

「明日雨になってほしくないなぁ・・・。」と英語で言いたい場合、

「なってほしくない」って英語でどう言うんだろう? と考えてしまうかと思うのですが、英語では

 

「明日雨がふらないことを望む」、という風に表現します。

 

よって、

 

I hope it won't rain tomorrow. と言います。

(won't = will not)

 

では、「今夜、大雨にならないといいのになぁ」はどう言うでしょう?

 

I hope it won't rain heavily tonight. ですね(^-^)

 

「来週、嵐 / 雪にならないといいなぁ。」は、

 

I hope it won't storm/snow next week. です。

 

これら、snow, rain, storm は動詞です。

なので、「助動詞 + 動詞原形」というルールに則って、will の直後に原形で付けます。

 

では、

「明日暑くならなければいいのになぁ。」はどうなるでしょう?

 

I hope it won't be hot tomorrow.

 

となります。

これは、hot(暑い)が形容詞なので、助動詞"will"の後に動詞の原形"be"をつけてから、形容詞の"hot"を付けるわけです。

 

ちなみに、英語で「土砂降りの雨が降っている」は面白い表現をします。

 

It's raining cats and dogs.

 

なぜ、猫と犬が「土砂降り」という意味になるのかは色々な説があるようですが、

この表現はよく使われます。

 


今日も朝から暑いですね。

明日は、少し涼しくなればいいのになぁ~。

I hope it will be cool tomorrow. (-_-)