性格を表す形容詞

ついに関西でも梅雨入り宣言が出ましたね。でも今日は、スッキリ気持ちの良い天気ですね!

英語では「スッキリ気持ちの良い晴天の日」を “It’s a beautiful day.”  “It’s a fine day.”

”It’s a clear day.” などといいます。直訳で考えて、「美しい日」とか「元気な日」「クリアーな日」と思われがちですが、そうではありません。(^-^)

 

今日は性格を表現する言葉を紹介しましょう。

 

“She is nice.” 「彼女はいい人だよ。」

➡ 当たり障りのない言い方です。(^^;

 

“He is polite.” 「彼は礼儀正しい。」

➡ 人に親切で言葉遣いや態度が丁寧な場合などに使えます

 

“She is popular.” 「彼女はモテる。」

➡ 直訳すると「人気がある」という意味ですが、いわゆる「モテる」という意味です。

 

“He is smart.” 「彼は賢い」

➡ 一般的に言う「賢い」は”smart”を使います。その他の賢いという表現では次のようなものもありますが、それぞれ意味が微妙に違います。

”intelligent” (高い知能を持つ)、 “clever” (利口な、ずる賢い)、 “wise” (分別がある、経験からくる深い知識がある賢さ)

 

“He is considerate.” (彼は思いやりがある。)

➡ “consider” (動詞)「よく考える、熟考する」というの意味と関係づけて覚えると良いかもしれません。「相手のことをよく考える」、と言うことで「思いやりがある」という意味の形容詞になります。

 

“He is rude.” 「彼は無礼だ。」

➡ 「無礼」というときつい言葉に聞こえますが、「失礼なことをする/言う」「答えたくないことをズケズケと聞いてくる」ような人に対して使えますね。

 

“She is sensitive.” 「彼女は傷つきやすい。」

➡ 日本人は「傷つきやすい」というのを「ナイーブ」という言葉を使って表現しているのをよく聞きます。「彼女はナイーブだから、その話はしない方がいいわ。」などです。でも、実際 “naive” は「世間知らずの、単純な、うぶな」という意味です。

 

“She is cheerful.” 「彼女は明るい。」

➡ これが日本人が言う、「明るい性格」というのに一番ぴったりくる言葉でしょう。

 

“He is outgoing.” 「彼は社交的です。」

➡ これも日本人が言う「明るい性格」という意味ではよく使える言葉です。直訳では「社交的」という意味ですが、「友達が多く、明るくおしゃべりが好き、誰からも好かれている人」といったイメージです。

 

“He is laid back.” 「彼はおおらかです。」

➡ “laid back” というのはオーストラリア人の性格にぴったりの言葉ともいわれていますね。あまり細かいことは気にしない、おおらかな性格のことです。

 

“He is terrible.” 「彼はひどい」

➡ この “terrible” というのは、「ひどい」と言う意味で、「天気」「食べ物」「人」何にでも使えます。態度、行動、言葉、マナーなど、何に対しても使える「ひどい」です。

 

これに、”very” 「とても」、 “too”「~すぎる」  “a bit” 「少し」 などを付けるとまた少し表現が変わってきます。

 

  • “He is very popular in the school.” 「彼は学校でモテモテだ。」
  • “She is too sensitive.” 「彼女は傷つきやすすぎる。」
  • “ He is a bit rude.” 「彼は少し無礼だよね。」

 

あと、日本人の性格を表現する時によく聞く言葉が "private" です。

 

"Japanese people are private." と言います。

 

"private"とは「非社交的な」という意味になるのですが、日本人の「考えていることをはっきり言わない」という態度が「秘密主義」「非社交的」というこの"private"という言葉で表現されるようです。

 

 

今回は長くなってしまいました。(^^;

ご自分や家族の性格を聞かれたときに、使えそうな単語をいくつか準備しておきましょう!

 

 

 

 

i mean....

春らしい気持ち良い気候が続いていますね。

ゴールデンウィークも目の前です!

私は広島に小旅行の予定です。(^-^)

 

ところで、今日は"You mean..." "I mean..."

という表現を覚えてしまいましょう。

簡単な上に、結構便利に使えます。

 

まず、"mean"というのは、「~を意味する」「~の意味で言う」という動詞です。

ということで、

"You mean..."というのは、「あなたは....という意味で言う。」

"I mean...."というのは、「私は....という意味でいう。」

という直訳になり、会話では、

 

「(あなたが言ったのは)*****ってことですか?

「(私が言ったのは)*****ってことだよ。」

 という意味になります。

 

例えば、

 

Risa: "You mean, I have to go to Shanghai by tomorrow?"

(明日までに私が上海に行かないといけないってこと?)

Tom: "No, I mean, if your boss doesn't go."

(いや、(僕が言ったことは、)もし君の上司が行かなかったらってことだよ。)

Risa: "Oh, you mean, my boss won't go?"

(えっ、私の上司は行かないってこと?)

Tom: "No no, I mean, it hasn't decided yet."

(いやいや、僕が言ってるのは、まだ決まってないってことだよ。)

 

 

例えばファーストフード店では・・・

 

Customer: "Can I have a ketchup for fries?"

(フライドポテト用のケチャップもらえますか?)

Shop assistant: "It's 50 cents."

(50セントです。)

Customer: "You mean, I have to pay for it?"

(ケチャップにお金を払わないといけないってこと?)

Shop assistant: "Yes, that's right."

(はい、そうです。)

 

もう一つ、便利な表現としては、

What do you mean? (どういう意味ですか?

 

言っている意味が理解できない時に使える表現です。

 

Please try to use them! (^-^)/

 

 

commuter ticket

始業式、そして入学式が近づいてきましたね。

今日はあいにくの雨ですが、この辺りの公立学校では離任式が行われているようです。

春はまさに、別れと出会いの時期です。。。

 

新入学、新学期と言えば、定期券の更新時期です!

と、なんだか無理やりのこじつけ感がしないこともないですが・・・・、

今日は、「定期券の更新」に絡んだ英語表現を見ていきましょう(^-^)/

 

 

「定期券を買うために、沢山の人が駅で並んでいました。」

 

まず、「定期券」を英語では、

"commute" (通勤する)という動詞に"-er"をつけて、「~する人」という形にし、

 

"commuter ticket"

"commuter pass"

 

と、言います。

(直訳すると通勤する人のチケット、といった感じですね。)

 

そして、並ぶは"stand in line"で表現できます。

なので、

 

There are many people standing in line to buy/renew a commuter ticket at the station. 

 

といえます。

 

 

「新しい定期券は期限が切れる二週間前から購入可能です。」

 

 

「期限・契約の終了」という名詞"expiration/ expiry" を使って、

 

You can renew your commuter ticket two weeks before the expiration(expiry) date.

 

と言えます。

 

全く新しい定期券を購入する場合は、"buy a new commuter ticket" となりますが、更新の場合は、"renew" を使うのがいいですね。

 

この"expiration date/ expiry date"というのは、賞味期限にも使えます。

例えば、

 

A: Mom, this milk's expiry date is today!!

   (ママ、このミルクの賞味期限、今日だよ!)

B: Oh, we have to finish it today, then!

   (えー、じゃあ今日全部飲んでしまわないとね!)

 

ちょっと難かしい表現もありますが、身近な単語から少しずつ覚えてみてください(^-^)/

 

今日は一日どんよりの雨模様ですが・・・・、そんな日は無理に頑張ろうとせず、

ハーブティーでも飲んで、どんよりムードの"のんびり感"を楽しむのも逆に良いかもですね♪

 

 

cherry blossoms

あっという間に春到来!桜の花も満開ですね🌸

お花見に行くチャンスはなかったのですが、近所の桜並木の下を散歩がてら歩いてきました。

小さな公園でも、お花見客でいっぱいでした!

 

 

ではでは、今日は日本人には欠かせない「桜」について。

日本人が言う「桜」とは"桜の木に咲く花"のことですよね。

 

英語では、食用果樹の花を"blossom"といい、観賞用の花を"flower"というので、「桜の花」は"cherry blossom"といいます。

 

そこで春先の表現として・・・

The season for cherry blossoms is coming soon! (桜の季節がもうすぐやってくるね!)

 

また、「花が咲く」というのは、"bloom"という動詞を使います。

 

It's time for the cherry blossoms to start blooming! (桜が咲き始める時期だね!)

 

次に、「(花などが)散る、落ちる」は"fall"になります。 

 

The cherry blossoms are starting to fall. (桜が散り始めているね。)

It's time for the cherry blossoms to start falling. (桜が散り始める時期だね。)

 

そのほか覚えておくと便利な表現として、

"be動詞+about to 動詞原型"  「(今まさに)~しそう」

 というものがあります。

 

たとえば、

The meeting is about to finish. (会議は今、終わるところだ)

My mother was about to fall down. (母は転びそうだった)

The cherry blossoms are about to fall/bloom. (桜の花が散りそう/開きそうだ)

 

そして、今まさに使える表現として。

The leaves are starting to come out. (葉が芽を出し始めました)

"leave"は、"leaf()の複数形です。(^-^)/

 

ぜひ、使ってみてください!