notice realize 違い

 9月に入り随分と過ごしやすい日が増えてきましたね。 

今年は残暑が厳しいと聞いていたのですが、そうではないようで良かったです!

 

ただ、今年は例年になく台風が多く、雨もしばらく続きそうです・・・、少し気分が落ち込みそうですが、味覚の秋! そして来週には祝日が二回! 私は四国にうどんでも食べに行こうかな~、と計画中ですが・・・。まあ天候次第ですね。 

 

さて、高校2年生の生徒から”realize” “notice” の意味の違いは何か?という質問がありました。

 

辞書で単語の意味を調べても、一つの単語が沢山の意味を持っていたり、同じ意味の単語がいくつかあったりして、使い分けに困ってしまいますよね。 

 

”realize” “notice” 辞書で調べると、それぞれの意味は以下のように書いています。 

  

”realize” (動詞) 

1. はっきり理解する、悟る、了解する、気づく 

2. 実現する、実行する 

 

“notice” (動詞) 

1. 気がつく、認める、注目する 

2. 言及する、ふれる 

 

上記のように、二つとも「気づく」という意味を持っています。 

単語帳で単語を暗記した場合、二つとも、「気づく」という意味で暗記するかと思います。

 

ただ、この二つの「気づく」意味が違います。 

 

”realize”の「気づくは」、意味として書いてあるように、「悟る」「理解する」に関係する「気づく」になります。  

  • I realized that I can’t change the world but I can change my mind.
  • 私は世界は変えられないが、自分の考えは変えることが出来ると気づいた。
  • I realized I need you.
  • 私はあなたが必要だと気づいた
  • I realized I left my umbrella on the bus.
  • バスに傘を忘れたことに気づいた 

 

一方、“notice” (動詞)は知覚動詞の仲間で、五感による「気づく」です。 

  • I noticed the smell of cigarettes.
  • たばこの匂いに気づいた。
  • I noticed that someone is laughing at me.
  • 誰かが私のことを笑っているのに気づいた。
  • He didn’t notice that her girlfriend got a haircut.
  • 彼は彼女が髪の毛を切ったことに気づかなかった。  

 

以上にように、 ”realize”とは脳によって「理解する」「悟る」「気づく」という意味。 

“notice” は五感によって感覚的に「気づく」ということになります。 

 

単語を単語帳で淡々と覚えるのはお薦めできないのは、単語が持つ本当の意味を理解できないからです。 

なので私も、生徒に単語と意味のみのテストをするということは行いません。単語は文章の中でその意味を理解していかないと、上記のような本当の意味に気づけないからです。 

 

長文を読むのは大嫌い、という学生の方は多いですが、できるだけ多くの長文を読むことが、単語力、熟語力、文法力アップには一番効果的な方法だと私はいつも話しています。 

 

今は、たくさんの英語教材が本屋に並んでいて、何をすればよいのか迷ってしまう方は多いと思います。 

私のおすすめは、簡単な英単語のみを使った物語を読むことです。

 

学習というのは、自分のレベルにあったものが一番とよく言われます。では、自分のレベルにあったものとはどんなレベルなのでしょう? 

 

それは、8割理解できるものと言われています。難しすぎても簡単すぎても意味がありせん。 

 

何か英語の本を読もうとされている方、ざっと目を通して8割理解できるものを選んでください。リスニング教材もそうです。8割理解できるものから始めます。なので、学生の問題集選びはレベル分けされているものが一番使いやすいでしょうね。

  

Enjoy learning English!  

 

 

 

Take / Bring

 

お盆休みも終わり、またいつもの毎日が戻ってきた人も多いのではないでしょうか。  

 

私は7月末に夏休みをいただき、東京に行ってきました!ディズニーリゾートで遊びまくり、ルミネ座吉本で笑い、銀座でお気に入りのハヤシラスを食べて帰ってきました!

 

休暇とは思えないほど、ぐったり疲れる毎日でしたが・・・・。  

 

ところで、今日はよく間違いやすい「持って行く」「持ってくる」の "take""bring" について! 

これは、中学のテストでもよくでますが、会話でも非常によく使う単語なのできっちり理解して使用していきましょう! 

分かってしまったら、意外と簡単なんです。(^-^)  

 

"take" 「持って行く」: これはファーストフード店の "Take Out" で覚えてしまいましょう! 

 

"Take Out: テイクアウト" は「お持ち帰り」という意味で使うと思います。お持ち帰りということは、「持って行く」んですよね。”take”「持って行く」”out”「外に」ということです。 

 

なので、"take" は「持って行く」という意味!

※ちなみにイギリス英語では ”take out” のことを “take away” と言います。 

 

例えば、 

 

  "I'll take this book to school." 「この本を学校に持って行くよ。」 

 

  "She took the cup to her room." 「彼女はそのカップを彼女部屋に持って行ったよ。」

 

 

一方、 bring は「持ってくる」「連れてくる」という意味になります。  

 

例えば、 

 

  I brought her some flowers.   「僕は彼女に花束を持ってきた。」 *bring-brought-brought 

 

  My sister brought her son to the party. 「私の姉は息子をパーティーに連れてきた。」

 

 

でも、 bringtake と同じ意味「持って行く」で使っているのを聞いたことがありませんか? 

 

例えば、

 

Ill bring your umbrella.  「君の傘を持って行くよ。」

 

He will bring the birthday cake.   「彼が誕生日ケーキを持って行くよ。」

 

 

この bring が使われる「持って行く」は、話し相手の場所に持つ行く場合に使われます。 

 

もし、ここで、 Ill take your umbrella というと、話している相手の場所ではない違う場所に傘を持って行く、という意味になります。 

 

誕生日ケーキの場合は会話を聞いているだけで、話し手は話し相手のところにケーキを持って行くと意味していることが分かります。 

 

take はどこにかに持って行く。 

 

bring は「(自分のいる場所に)持ってくる」、「(話し相手に)持って行く」という意味があります。 

 

 

どんどん使って慣れていきましょう! 

 

 

envy/ jealous

毎日蒸し暑くなってきましたね。真夏も目の前!といった感じです。

夏は楽しみが沢山!の方にとっては待ち遠しい季節ですが・・・・、私にとっては、ただただ、じーっと暑さが過ぎ去るのを静かに待つ・・、というあまり魅力的とはいえない季節です。"(-""-)"

とはいっても、遊びますけどね!

 

さてさて、今日は「うらやましい~」という表現について。

「うらやましい」という単語、皆さん1つは思いつくのではないでしょうか。

"jealous" ですね。 そしてもう一つは "envy" になります。

どちらも「羨ましい」という意味ですが、少しだけ感じが違ってきます。

 

"jealous"より "envy" の方が「羨ましい度」が高いです。

どちらかというと、「妬ましい」という意味合いが強いかもしれません。

 

一方 "jealous"の方はもう少し軽い「羨ましい」です。

たとえば、こんな感じで会話でも使われます。

 

A: I went to that newly opened Italian restaurant with my boyfriend last week.

(先週、彼氏と新しくオープンしたあのイタリア料理店に行ったの。)

B: Wow! I'm jealous!

(わー。いいなー!)

 

"envy" のほうはこんな感じになります。

  • He envies the friend's wealth. (彼は友達の財産が羨ましい/妬ましい。)
  • I envy her position. (私は彼女の立場が羨ましい/妬ましい。)

 

”jealous” というと、とても「強い嫉妬心」という解釈をされている方もいるようですが、そうではありません。日本語でいう「いいな~」「うらやましい~」といった程度です。

なので、”I’m jealous” と言われたからといって大げさに反応するのでなく、軽く返事をする程度で大丈夫です。

例えば

 

A: I went to that newly opened Italian restaurant with my boyfriend last week.

(先週、彼氏と新しくオープンしたあのイタリア料理店に行ったの。)

B: Wow! I'm jealous!

(わー。いいなー!)

A: It was so nice! You must go!

(すごい良かったよ。あなたも行かなきゃだめよ!)

  

A: I’m going to France during this summer vacation.

(夏休みにフランスに行くの!)

B: Wow! I'm jealous!

(わー。いいなー!)

A: I can’t wait!

(待ちきれないわ!= 楽しみ!)

 

A: I got a premium ticket for Beyonce’s concert!

(ビヨンセのコンサートチケットを手に入れたの!)

B: Wow! I'm jealous!

(わー。いいなー!)

A: I’m pretty lucky 

(凄くついてるわっ!)

 

Enjoy learning English!(^-^)