小学生コース


どの英会話教室を選べばよいか分からない・・・?

 

一番大切なのは、クラスの人数と講師のクオリティ!3~6人までの少人数クラスと、8人~10人以上のクラスでは、生徒の習得度というものは大きく違ってきます。

 

英会話の授業で一言も自ら英語を話す機会がなく、ただリピートの繰り返し、みんなでゲームをして遊んで帰ってくる。これでは英語は上達しません。英語上達の秘訣は、どれだけ沢山の英語を口にだす機会を持つことができるかです。

 

また、「英語が話せる」ことと、「英語を教える」ことは全く違います。“外国人だから”、“外国に少し住んでいた”、というたけで英語を教える能力があるとは限らないという視点がとても重要です。

 

"Lily's Little English School"では、発音、英語力、講師の適正など厳しい基準をクリアした講師陣がこども英会話クラスを担当。楽しいだけではなく、少しでも多くの英語を口に出せるレッスン作りを第一に、毎回のレッスンを丁寧に準備します。 

 


外国人講師?それとも日本人講師?

 

理想的な語学学習方法は、母国語のような自然な学習方法とされています。

いわゆる「ダイレクト・メソッド」です。

私たちが日本語を日本語のみで学習してきたように、英語も英語のみで学習するという方法です。

 

これは確かに有効的な学習方法です。しかし、はたして母国語のように英語を学習することは、ここ日本で可能なのでしょうか?

 

ほとんどの子供たちは月に数回程度英語教室に通い、数時間英語を耳にし発話するのみです。一方、母国語というのは朝から寝るまで毎日聞き、話す言語です。これは明らかに学習時間が足りないといえます。しかし、週に何度も英会話教室に通うというのは、時間的にも費用的にもあまり現実的ではありません。

 

そこで、やはり必要になってくるのは、英語のルールの理解と多くの発話の機会です。

 

Lily's Little English Schoolでは英会話レッスンは全て英語で指導!生徒一人ひとりが少しでも多く英語を「聞き」「話す」機会を持つことを重視して、講師が丁寧にレッスンをプランニング。

 

そして、英会話レッスンの後は分からないことは日本語で聞ける環境もしっかり準備英語のルールを日本語でしっかり理解することにより、会話のレッスンの習得度も変わってきます。 


 Let's Talk in English!

 

Lily's Little English Schoolで英会話を始めて、たった一年。アルファベットさえ言えなかった二人ですが、一年で自分のことについて話せるようになりました!文法の間違いはありますが、まずは英語で積極的に話してみる姿勢を伸ばしていきます!

(※ 習得度には個人差があります)

 

レッスン歴: 1年 学年: 5

レッスン歴: 1年 学年: 5年



 なぜ国は英語教育の内容改善を進めているのでしょう?

社会の急速なグローバル化の進展の中で、国際共通語である英語力の向上は日本の将来の経済成長にとって不可欠です。そんな中、英語を用いてコミュニケーションが取れる人材の不足が問題となってきています。

 

 

日本で生活するのになぜ英語力が必要なのでしょう?

英語を用いてコミュニケーションがとれる人とそうでない人の「雇用の機会」と「生涯年収」には大きな差があるのが現状です。この差は今後ますます顕著になると言われています。英語力を身に着けることで将来の様々な可能性を広げることができます。


 英会話だけで大丈夫? 

 

小学生の英語学習は現行の「外国語の親しむ」から、通知表で成績がつく「教科」となりました。それに伴い、近い将来中学受験でも英語が必要となることが予想されます。 

 

Lily's Little English Schoolでは、英会話レッスンの後は「文法Plus」で日本語指導による「読み」「書き」「文法」をしっかり学習。5-6年生では中学英文法を予習していきます。 




※新型コロナウィルス感染対策として、現在は約13畳 (約24平米)の広い教室でレッスン実施中。


国際言語としての英語とは?

 

今や英語は「国際言語」です。これは一体どういう意味なのでしょうか?英語はアメリカ人やイギリス人などの言語ではなく、国際社会でコミュニケーションをとる手段の一つであるという考え方です。

 

「イギリス英語よりアメリカ英語を習いたい。」「オーストラリア英語は王道ではない。」などという声はいまだに聞こえてきます。しかし、子供たちに今、英語学習が必要な理由は、今後ますます進むであろう国際社会で生き抜く力をつけるためです。そこで必要な能力はアメリカ英語でしょうか?イギリス英語でしょうか?

 

どちらでもありません。必要なのは、「相手に伝わる英語」です。そして、「相手が話す英語を理解できる能力」です。

 

現在、英語を母国語としないノンネイティブスピーカーの数は、アメリカ、イギリス、オーストラリアなどの英語を母国語とするネイティブスピーカーの数の3倍と推定されています。つまり、子供たちが将来英語でコミュニケーションをとる相手は、アメリカ人やイギリス人などのネイティブではなく、中国やインド、イタリアやフランス、エジプトやトルコ、その他近隣味う諸国の英語話者になる確率が非常に高いというわけです。

 

ネイティブのように英語を話したいといのは誰もの憧れではあります。しかし、今子供たちに必要とされている英語能力は、国際社会で求められる英語でのコミュニケーション能力を身に着けることであり、ネイティブのような英語をはなすことではありません。

 

重要なことは、アメリカ英語、イギリス英語の枠を超えて、多くの英語話者に「伝わる発音」「伝わる英語」を身に着けることです。 


テキストブックは "Longman" 社の "English Land"。ディズニーキャラクターと一緒に楽しく英語を学習していきます。

「こども英会話」のレッスンは年間43回。レッスンカレンダーは以下よりダウンロードできます。 

  

ダウンロード
2022年度 こども英会話 レッスンカレンダー
2022 Yearly Lesson Calendar.pdf
PDFファイル 579.9 KB

"Lily's Little English School" では英語の発音に必要不可欠な「フォニックス発音」を1つ1つ丁寧に指導!初めて見る単語も発音できる力をつけていきます! 

「フォニックス」についてはこちら



 こども英会話:

レッスン料金 

入会金: ¥10,000 (税別) 

※兄弟割引適応の場合は半額! 

こども英会話:

小学生

文法Plus

 年間レッスン回数

43回

年間レッスン回数

43回

時間: 50分 時間: 30分
定員: 3~6名 定員: 3~6名
月謝: ¥6,500 (税別) 月謝: ¥2,500 (税別)
  • レッスン時間は【クラス&タイムテーブル】をご確認ください。
  • 文法Plusは「こども英会話」小学生クラスに追加の可能なクラスです。文法Plusクラスのみの受講はできません。
  • レッスンスケジュールは「子ども英会話レッスンカレンダー」に従います。
  • 指定のテキストブックセット(年間 3,800円 )を購入していただきます。詳細はこちらをご覧ください。


 プライベートレッスン:

「英文法特進 1対1 個別指導」

「英会話&英文法プライベートレッスン」

 

私立中学に入学後、今まで全く手を付けていなかった英語では足を引っ張ってしまうというお子様が多くいらっしゃいます。他の習い事で忙しく、グルーブレッスンではスケジュールが合わないという場合など、プライベートレッスンではレッスンの振替が可能! お子様のレベルにあったハイレベルな授業を受けていただけます。


 小学生コース:

プライベートレッスン料金 

入会金: ¥15,000 (税別) 

※兄弟割引適応の場合は半額! 

英会話

(生徒1対講師1)

英文法個別指導

(生徒1対講師1)

月4回/ 1回60分

月謝 ¥1,5200 (税別)

月謝 ¥1,5200 (税別)

  • レッスン時間は【クラス&タイムテーブル】をご覧ください。
  • レッスンの振替は、規定の日時までにご連絡をいただいた場合に限り可能です。