just

寒い日が続いていますね。

明日はセンター試験です。今まで一生懸命勉強してきた、皆さんの力を十分に発揮してきてもらいたいと思います。

You can do it! 

 

ところで今日はタイトル通り、"just" の使い方について!


これも、初心者の英語を自然な表現にするマジックワードです(^-^)
会話の中に、"just" を入れるだけで、会話がグンと自然な感じになります。

まず、気を付けて頂きたいが、その意味です。

日本語でよく、「12時ジャストに来てね!」というふうに、"just"を「きっちり、正確に」という意味で使うかと思いますか、英語の"just"にはそのような意味はありません。

 

もし、「12時ジャスト」 と言いたければ、英語では、

"exactly at 10 o'clock." になります。

これで、「10時ちょうど= 正確に10時」という意味になります。

実は、"just" には 「ちょうど」、と言う意味もあり、辞書の和訳にも、「ちょうど」というふうに載っているのですが、上記の「ちょうど」とは意味が違います。

 

では、「ちょうど」という意味の"just"はどのように使えるのでしょうか?


"I got home just at that time."  
私はちょうどその時、帰宅した。

 
日本語でいう、「ちょうど12時」、というのは正しくは、「正確に12時」 という意味ですよね。ですから、同じ「ちょうど」、という意味でも、「正確に」という意味では、"just" は使えないわけです。


では、どのような意味で "just" が使われるか、ですが
 
「ただ~なだけ」という意味で覚えておくと、会話で使いやすいと思います。(^-^)


A: "Where did you go last weekend?"
 「先週末、どこに行ったの?」
B: "I just went to a supermarket."
  「ただスーパーに行っただけ。」

..............................................................
 
A: "Why do you want to eat Indian food tonight?"
 

「なんで今夜インド料理が食べたいの?」

B: "I don't have any reason. I just want to eat it."

「理由はないよ。ただ食べたいだけ。」

..............................................................

 

A: "Why did you invite him to the party? I really don't like him..." 

「なんで彼をパーティーに誘ったの?私、彼のこと本当に好きじゃないのに。。。」

B: "I didn't invite him. He just came."

「俺、誘ってないよ。彼がただ来たんだ。」

..............................................................

 

A: "Oh, your computer is broken! What happened?" 

「あなたのコンピューター壊れてるじゃない!何があったの?」

B: "I don't know. It just broke"

「わからないんだよ。ただ壊れたんだ。」

..............................................................

 

A: "Why does she like him? I can't understand!" 

「なんで彼女は彼が好きなの?私には理解できないわ!」

B: "It's just because she doesn't know his personality."

「彼女は彼の人間性をしらないだけだよ。」

..............................................................

 

例文を並べてみると、なんだか言い訳に使われる場合が多いかんじですね・・・・(-_-)zzz

でも、ただ"just"を入れるだけで、会話の表現がぐんと豊かになるので、ぜひ使ってみてくださいね!