helpの用法

春も本番の4月というのに、雨続きで気分までもどんよりしてしまいますね・・・。

でも、そんな時こそ夏の海外旅行の予定など、楽いことを考えて乗り切りましょう!

ちなみに、空想するというのは、"daydream" といいます。


  • "I'm daydreaming about my next holiday."  「次の休みついて空想にふけってるところ。」
  • "I can't stop daydreaming about him." 「彼のことを考えず(色々と空想せず)にはいられない。 


ところで、今日は"help"の使い方について。簡単そうで間違い安いので注意が必要です。


① 「~を手伝う」という表現。

「宿題を手伝うよ!」なんて言うとき、

✘ "I'll help your homework." と、ついつい言ってしまいがちですが、これは間違いです。


"help" は手伝う仕事を目的語には持ってこれません。

目的語には必ず「人」が入り、手伝う仕事の前に "with" を置きます。

なので、以下が正解です。

  •  "I'll help you with your homework."
  • "A lot of people came to help me with my work."


② 目的語に動詞の原型をもってきます。

目的語にはto- 不定詞でもよいのですが、口語では原型がよくつかわれます。


  • "I will help you cook dinner tonight."  「今夜、夕食作るのを手伝うよ。」
  • = "I will help you to cook dinner tonight."
  • "My brother helped move the furniture." 「私の弟はその家具を動かすのを手伝った。」
  • ="My brother helped to move the furniture."


to-不定詞を使うか、原型を使うかは、実際の会話では微妙なニュアンスの違いがあるようですが、

それはまた次回説明しますね。