run into/ come across/ by chance

気持ちの良い天気が続いていますが、6月に入り少し風が少しジメジメしてきた気がするのは私だけでしょうか・・・('_') 梅雨に入る前に、外遊びを満期したいものですね!

 

ところで、先日カナダからの知り合いが遊びに来ました。Chinese Canadianの方です。

そこで、姫路城観光に行ったのですが、なんと!ロンドンブーツの田村敦さん、真琴つばさん、その他二人の芸能人の方が番組の収録をしているところに遭遇!ラッキーでした♪

 

ということで、今日はこんな「芸能人に偶然会ったの!」という話を英語でするとどうなるか、紹介しましょう。(^-^)

 

まず、芸能人とは "celebrity"  といいます。日本でいわゆる「セレブ」と言われる人たちも含め、有名人、著名人、芸能人などもこのように呼ばれます。

 

そして、「偶然」という表現ですが沢山あるので、3つだけ紹介しておきます。

 

① run into/ bump into  誰かにばったり出くわす」


「人」に出くわした場合に一番よく使われる表現ですが、知り合いや身近な人に出くわした、という場合によく使われます。 

  • I ran into Yoko yesterday when I was walking down the street. (昨日通りを歩いていたら陽子にばったり会ったのよ。)

 

② come across 「たまたま見つける」


予期していなかったものが見つかる。通常、「物」に対して使いますが、あまり身近ではない人に対しても使われます。 

  • I came across a celebrity at Himeji castle last weekend! (先週姫路城で偶然芸能人を見たの!)
  • I came across this old record when I was hanging around in Shinjuku yesterday. (昨日新宿でブラブラてたら、たまたまこの古いレコードを見つけたんだ。)

 

➂ by chance/ by accident 「偶然、たまたま ~する」


どちらも「偶然~する」という意味で使われますが、"by accident"のほうは、アクシデントというだけに、あまり良くない内容に使われがちです。

  • I spilled a bottle of wine by accident. (ボトルのワインをこぼしてしまった。) →この場合、「故意にではなく」という意味で "by accident"が使われます。
  • I found a dollar bill by chance on the road. (一ドル札を道でたまたま見つけた。)



次に「テレビ番組の撮影をしていた。」とはどういえるでしょう?

「撮影する」というのは、"shoot"という動詞を使います。サッカーの「シュート」と同じ綴りです。 

  • He was there to shoot a TV program. (彼はテレビ番組の撮影のためにそこにいました。)


ということで、私が先週、ロンドンブーツの敦を見た話はこんな風に言えますね。


" I went to Himeji castle with my friend from Canada. And I saw Atsushi by chance! He was there to shoot a TV program! I was so exited! "


身近な話題を簡単な英語で是非話してみましよう!

次回レッスン時は、ぜひ何か面白い話を準備してきてくださいね♪