croquette

昨日はバレンタインデーでしたね。 (*^^*) 

何と3つもチョコをいただいてしまいました!そして、そのうち2つは手作りチョコ❤

 

 一粒づつ、幸せを噛みしめさせていただいております。m(_ _)m

 

さて、今日はお料理の話です!

今日のタイトルですが、何のことか分かりますか?

 

正解は、「コロッケ」です。

コロッケの起源は実はフランスにあり、英語でもコロッケは、フランス語の"coroquette"と表記します。そして、発音は「コロケット」といった感じになります。

 

今日は生徒さんとコロッケの作り方についてお話したので、料理用語を少しご紹介しますね。

 

まず、「玉ねぎを飴色になるまで炒める」、という表現を日本語ではよくすると思いますが、英語では何と言うのでしょう?

いろんな言い方がありますが、簡単なもので、

 

Fry onions until golden brown.

Fry onions until they start to brown.

 

といった表現になります。

日本語で言う、「炒める」はfryになります。

untilというのは、「~まで」という前置詞です。

 

では、fryが「炒める」なら、揚げるはどうなるのだろう?って思いますよね。それは、"deep-fry"になります。

なので、コロッケを揚げるは、

 

Deep-fry the croquette. になります。

 

では、「コロッケを色づくまで揚げる」はどう言うでしょう?

上の、「玉ねぎを飴色になるまで炒める」、を参考にして少し考えてみてください(^-^)

正解は、

 

Deep-fry the croquette until golden brown.  です。

 

「飴色になる」も「色づくまで」も結局、色としてはgolden brownなんですね。

 

料理用語は日本語と違う表現が多々あり、結構ややこしいのですが、

せっかくなので、料理のお話も少しづつ楽しんでいきましょう!

私が色々なレシピを教えてもらうのが楽しみでもあるのですが・・・(*^^)v