marry/ get married/ be married

あっという間に2月です。

今年の"Valentin's Day"も終わってしまいましたね。 

 

日本では女性から男性にチョコレートを渡し愛の告白をする、というのが慣例の"Valentin's Day"ですが、欧米では、男性パートナーがお花を女性にプレゼントしたり、レストランで食事をしたりと二人の時間を楽しむ日です。日本とはずいぶんと違いますね。

 

もともと、"Valentin's Day"の起こりは、ローマ帝国時代にさかのぼるようです。 

ローマ帝国時代にキリスト教の司祭であったヴァレンティヌス(バレンタイン)が、兵士の婚姻を禁止する皇帝令に嘆き悲しむ兵士を哀れみ、内密に結婚の儀を行っていたことから処刑され、その日が恋人たちの日となったというものです。 

  

では今日は、"Valentin's Day"にちなんで、"marry" 使い方を少し勉強しましょう!

入試にも扱われるくらい、使い方に注意が必要な単語です。

 

まず ”marry” は、「~と結婚する」という現在の状態を表す他動詞なので後ろに目的語をとります。

※他動詞はSVOの文型をとり動詞の後ろに目的語をとります。

ですので、"marry" を使うときは、必ず後ろに目的語として「人」を置かないといけません。

 

私の姉はオーストラリア人と結婚しました。

My sister married Australian.

 S            V           O

 

では、「私は結婚した」とだけ言いたい場合はどうでしょう?

 

その場合は、"get married" を使います。

married " は "marry" の過去分詞形で、形容詞として使うことができます。

ですので、文型としては S V C となります。

 

I got married. 「私は結婚しました」

I got married last year. 「私は昨年結婚しました」

 

では、この表現に結婚した相手を付けたい場合はどうでしょう?

「私はトムと結婚しました」

 

この場合、"I got married to Tom." となります。

※「with」を使用するのは間違いです。これはよくある間違いなので注意しましょう!

 

では、上記の "marry" と "get married" の違いは何でしょう?

 

"marry" は他動詞で、"married" は形容詞である点です。

他動詞は後ろに直接目的語をとります。S V Oという文型です。

一方形容詞は S V C をとるので、C のあとに直接名詞置くことはできません。

 

また、もう一つよく使う表現として、「私は既婚者です」という言い方です。

これは、私は現在結婚している状態だということなので、現在形を使用します。

そして、状態を表す形容詞を使用し、

 

I am married. となります。

 

いろいろなパータンがあってなんだか、ややこしい気がしてしまいますが、

以下のように簡単に覚えてしまいましょう!

 

動詞の"marry"を使用する場合は、直接後ろに目的語である「人」を持ってくる。

"get married" "be married" など形容詞としての "married" を使用する場合は後ろにtoを持ってきてから「人」を付ける。

 

♪ 現在の状態を言いたい場合

 

I am married to 〇〇.  「私は〇〇と結婚している。」

I am married.  「私は既婚者です。」

 

♪ 過去にしたことを言いたい場合

 

I married Tom. 「私はトムと結婚した。」 (現在形でI marry Tom.とは言わない。I will marry Tom.はOK)

I got married to Tom. 「私はトムと結婚した。」

 

間違えないように使ってみてくださいね!