形容詞の限定用法と叙述用法とは

英語専門 "Lily's Little English School" の社会人専門講師によるレッスンは全国どこからでも受講可能!

➡ オンラインレッスン 

形容詞には限定用法と叙述用法の2種類があります。

なぜこれを意識しないといけないかというと、

限定用法でのみ使用可能、叙述用法のみで使用可能、

両方で使用可能があるからです。

 

【限定用法でしか使えない形容詞の例】

elder (年上の )、main (主な )、 total(全体の)、

daily (毎日の )、living (生きている)

 

【叙述用法でしか使えない形容詞の例】

asleep (眠って )、alive (生きて)、awake (目が覚めて)、 afraid (恐れて)、

glad (嬉しくて)、alike (似ている)、alone (1人の)

 

※ 形容詞とは「性質や状態を説明する修飾語」です。

言い切りの形が「い」で終わります。

 

例: おもしろい、美しい、小さい、難しい、白い、高い、珍しい

 

では、どのように使い分けるのでしょう?

 

限定用法の形容詞は、名詞の前において直後の名詞を修飾

(※ something、 anythingなどの名詞では直後において修飾)

 

例: beautiful flowers   美しい花 

「花」という名詞を「美しい」という形容詞が修飾しています。

 

叙述用法の形容詞は補語の位置に置く 

  • The house is small.  その家は小さい (S+V+C) 
  • He made her angry. 彼は彼女を怒らせた (S+V+O+C) 

 

練習してみましょう!

 

「elder (年上の)」 は限定用法の形容詞です。

なので補語の位置には置けません。

✖ He is elder. とはできません。

 

名詞の前に置いて修飾することのみ可能です。

〇 He is my elder brother.   彼は私の兄です。

〇 Tom has an elder sister. トムは姉がいます。

 

「awake (目が覚めて)」は叙述用法の形容詞です。

なので、名詞の前に置いて、後ろの名詞を修飾できません。

✖ He is an awake baby. 

 

補語の位置に置くことのみ可能です。

〇 He is awake. 彼は起きている

(目が覚めた状態である)

〇 Tom kept me awake. トムは私を眠らせない

(トムは私を目が覚めた状態にし続ける)

 

「beautiful (美しい)」はどちらの使用の仕方でも可能です。

〇 He has a beautiful garden.  

➡直後の名詞を修飾する限定用法

〇 The house is beautiful. 

➡ 補語の位置に入る叙述用法 SVC

〇 Tim keeps the house beautiful.

➡ 補語の位置に入る叙述用法 SVOC

 

まとめ

  • 限定用法の形容詞は、名詞の前において直後の名詞を修飾
  • 叙述用法の形容詞は補語の位置に置く 
  • それ以外の形容詞は上記のどちらも可