英会話上達は「主語+動詞」から

英会話レッスンをしていて、日本人に「あるある」だなと思うことがあります。

それは主語なしで話そうとすることです。ご自身の日本語での会話を想像してみてください。いつも主語入りの文章で話していますか?

 

例えば、日本語だとこんな会話日常茶飯事ですよね。

 

A: 「昨日、学校で知子に会ってさー」

B:「元気そうだった?」

A:「すごい背が伸びてて、びっくりした。」

B:「へー、そうなんだ。バレー部だったよね」

A:「そう、バレー部。最近、テニス部はどう?楽しい?」

B:「しんどい。辞めようかと思ってる」

A:「えー、そうなの?」

 

この日本語をそのまま英語にしようとしてしまうので・・・こんなことになってしまいます。

 

A: Yesterday,  Tomoko saw.「昨日、学校で知子に会ってさー」 

B: Doing well? 「元気そうだった?」

A: Very tall. Surprise! 「すごい背が伸びてて、びっくりした。」

B: Really, Volleyball team? 「へー、そうなんだ。バレー部だったよね」

A: Yes, Volleyball team. Recently, how's the tennis club?  Enjoy?「そう、バレー部。最近、テニス部はどう?楽しい?」

B: Hard. Quit.「しんどい。辞めようかと思ってる」

A: Oh, really?「えー、そうなん?」

 

なんとなく何が言いたいかは分かるといえば分かりますが・・・(>_<)

これに主語と動詞を入れるだけで随分とよくなります!

「誰」が「何をした」かを入れていきます。

英語は主語の次に動詞が来ます。「主語 + 動詞」を完全に癖にしていきましょう!

 

A: I saw Tomoko, yesterday.「昨日、私は学校で知子に会ってさー」 

B: Was she doing well? 「彼女は元気そうだった?」

A: She became very tall. I was surprised! 「彼女、すごい背が伸びてて、私はびっくりした。」

B: Really. She is in the volleyball team, isn't she? 「へー、そうなんだ。彼女バレー部だったよね」

A: Yes, she belongs to the volleyball team. Recently, how's the tennis club?  Are you enjoying?

「そう、彼女はバレー部に所属してる。最近、テニス部はどう?あなたは楽しんでる?」

B: It's hard. I think I will quit the club.「それはしんどいのよ。私は部活動を辞めようかと思ってる」

A: Oh, really?「えー、そうなの?」

 

 

主語の次に動詞を入れることを忘れないだけでも、随分と話している英語の印象が良くなります。

意識してみてください。