教科書和訳 NEW CROWN 3 2021年度版

 

  英語専門スクール"Lily's Little English School"

社会人専門講師によるオンラインレッスンは全国どこからでも受講可能!

➡ オンラインレッスン 

Lesson 3 The Story of Sadako

Get Part 1 

 

ここの多くの建物は1945年に破壊されました。

これだけが残りました。

私たちはそれを原爆ドームと呼んでいます。

それは1996年に世界遺産に登録されました。

それは世界平和への希望を表しています。

バインダーを持っている人はボランティアガイドです。

彼の話を聞いてみましょう。 

彼はドームについて説明します。


Get Part 2 

 

ケイト:私は展示品で破損したものを見ました。それらは私に衝撃を与えました。

岡さん:あなたの気持ちはわかります。

戦争の現実を見ることは私たちにとって重要です。

ケイト:同意します。それは二度と起ってはいけません。私たちは何ができますか?

岡さん:そうですね、それはここの多くの来場者から上がった質問です。

一緒に考えてみましょう。 



Use Read

The Story of Sadako

 

それはフラッシュから始まりました。

1945年8月6日、原爆が広島に投下されました。

貞子は2歳でした。

年末までに少なくとも13万人が死亡しましたが、彼女は生き残りました。

<貞子が小学生の時、彼女は特に体育が好きでした、そしてスポーツが得意でした。

彼女は大人になったら体育の先生になりたかったです。

貞子は速い走者でした。

6年生で、彼女は学校の運動会のリレーチームのメンバーに選ばれました。

運動会の約1ヶ月後、貞子は突然病気になりました。

最初、彼女はただ風邪を引いただけだと思っていました。

しかし、彼女の病気がひどくなったので、彼女は家族と一緒に病院に行きました。

医者は両親にこう言いました。「彼女は爆弾によって引き起こされた一種の癌を持っています。私は彼女が1年以上生き残るとは思えません。」

 

病院では、貞子はいくつかの折り鶴を受け取りました。

アジアでは、鶴は長寿命の象徴です。

貞子は折り鶴を折るようになり、健康を願いました。

彼女は-<学校に戻りたいと思いました。彼女は決して希望を失いませんでした。

貞子は1000個以上の鶴を作りました。

しかし、彼女は決して退院しませんでした。

<彼女の人生は彼女がたった12歳の時に終わりました。

広島平和記念公園に立っている有名な銅像があります。

それは鶴を持った女の子です。

それは貞子の友達によってつくられました。

毎年多くの人々が世界中から広島に折り鶴を送ります。  

その鶴は貞子と平和のためのものです。 

 


Use Write: My book list

 

「キキのデリバリーサービス」をお勧めします。

あなたはアニメをご存知かもしれませんが、それは角野栄子によって書かれた本からです。

若い魔女は自分自身をテストするために旅に出ます。

その後、彼女は魔女の世界で大人になることができます。

心温まる話です。 

私は、あなたがきっと気に入ると思います。


Take Action!

 

ディヌ:最近、野球を見ています。私はジャイアンツの大ファンです。

ジン:うん。ああ、野球といえば、今夜の試合が待ち遠しいです。

ディヌ:どういう意味ですか? 

ジン:中国と日本のチームは今夜、試合をします。